2015年に 厚生労働省が「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」を策定し、難聴が認知症発症に影響を及ぼすことが示されました。
 補聴器装用は難聴を改善する最も身近な方法のひとつです。日本耳鼻咽喉科学会は補聴器購入に関するトラブルを防ぐため、まずは補聴器相談医への相談を勧めております。院長は補聴器相談医ですのでお気軽にご相談下さい。

 補聴器は薬事法が定める管理医療機器です。 大変有効な医療機器ですが、難聴患者さんの耳の状態を正しく評価しないと効果がでないばかりか悪影響が出る可能性もあります。
 以下のような症状があれば精密検査後に、ご希望があれば補聴器外来へ誘導致します。

  • 聞き返し、聞き間違いが多い
  • 電子レンジ、体温計などの電子音が聞こえない
  • テレビのボリュームが大きくなった
  • 話し声が大きいと言われる
  • 耳鳴りがある

 耳鳴も補聴器装用で治療できます。耳鳴治療のご希望の方は補聴器外来へ誘導致します。

補聴器外来の流れ

ご家族と受診されることをお勧めいたします。
1
一般耳鼻咽喉科外来

補聴器希望とお伝え下さい。まずは一般外来で補聴器装用に適切な耳かどうかを診断します。

2
聴力検査、語音検査(ことばのききとり検査)

上記検査を施行し、補聴器外来の予約をとって一度帰宅して頂きます。
ここで異常があればさらなる精査となります。

3
補聴器外来(初回~3カ月)

患者さんの聴力にあった調整(フィッティング)をした補聴器を3カ月間貸し出します。その後1~2週に1回来院して頂き、音場での閾値・語音検査(補聴器適合検査)を施行し補聴器の調整を行います。

4
補聴器外来(3カ月以降)

3カ月間の貸し出しのご感想を聞き、購入希望があれば購入となります。希望がなければ返却して終了となります。

5
補聴器外来(購入後)

患者さんに一番適した調整を複数回の外来で行います。

6
補聴器外来(購入後数カ月以降)

電池交換や補聴器の清掃を2,3カ月に1回行います。半年から1年に1回程度、聴力検査を施行し、聴力の悪化があれば補聴器を再調整し、補聴器適合検査を行います。

難聴についてご興味のある方は、下の日本耳鼻咽喉科学会のホームページをご覧下さい。

Hear well Enjoy life
日本耳鼻咽喉科学会